マインドセットも重要

Javaエンジニアのスキルセットとして必要なのは、Javaの知識だけではありません。Javaで言語を書くことはもちろん、基礎的なIT関連の知識も必要になります。
さらにJavaエンジニアは様々な開発に関わることがあるため、開発する分野のスキルも持っている必要があります。そのスキルがあれば、開発を円滑に進めることができるでしょう。

このように幅広い分野で活躍ができるJavaエンジニアには、必要となるマインドセットがあります。それは、新しいスキルを常に吸収しようとする考え方です。
Javaエンジニアは新しい分野の開発に関わることも多いので、新しい分野の知識を学べるチャンスがあります。
学んだ知識は、次の仕事や別の機会で役立つ場合もあります。
常に新しいことを学ぶマインドセットを持っていると、エンジニアとしての仕事の幅が広がります。特にIT技術は日々進化しているため、新しいことを学んでいかないといつの間にか置いていかれる可能性があります。
Javaは汎用性があるので、様々な技術と組み合わせることが多いです。組み合わせる技術を他の人よりも早く構築できれば、仕事の依頼が増えるでしょう。

また、新しい技術の場合、他の人が未熟なケースもあります。そうなれば、他の人よりも優位に立って仕事を請け負うことができる場合もあります。
JavaエンジニアがJava以外の知識を複数持っていると、仕事を依頼する側が信頼をしやすくなります。そのため、新しいことを学ぶマインドセットはJavaエンジニアに必須の考え方でしょう。