Java関連の仕事で人気のフレームワーク

Java言語でシステム開発を行う際は、その骨格と言われるフレームワーク選びが重要になります。システム構築の際に役立つ機能やライブラリおよび構成をひとまとめにしたものがフレームワークと呼ばれるもので、簡単に正しい構成のプログラムを作ることができます。
ただ、フレームワークは10種類以上もの数があり、システム開発のコーディング内容や設定などの作業量に大きな差が出てくることから、スケジュールや人数などを考慮した選び方が重要です。
Javaのフレームワークの中でも、システム開発の現場で人気があってよく利用されているものとしては、「Spark Framework」と「Play Framework」があります。

「Spark Framework」は、シンプルなプログラミングや迅速なシステム開発づくりに特化した機能を持っています。
アノテーション記述や設定項目が不要なことから、開発による時間短縮が期待できます。開発に関する機能が最小限に留められているため、中規模から小規模のWebアプリケーション開発に適しています。

「Play Framework」は、メモリなどのリソース使用量が低く設定されており、ハードウェアの負担軽減を目的としているフレームワークです。
Java言語並びに、親和性の高い関数型言語のScalaにも対応している他、軽快かつ迅速に動かせることが特徴になっています。Webアプリケーションなどのバックエンド開発に使われていることが多く、開発コストが限られる企業向けシステムなど、規模にとらわれない開発が可能です。